韓国の窓、KBS WORLD Radioを通じて韓国が見えます
KBSWorld

KBSラジオ国際放送(KBS WORLD Radio)は、1953年8月15日「自由大韓の声」として産声をあげ、毎日15分ずつの英語放送を始めました。以来、韓国唯一の対外広報放送として、日本語、韓国語、フランス語、ロシア語、中国語、スペイン語、インドネシア語、アラビア語、ドイツ語の順に言語を増やしていき、 2005年3月3日にベトナム語放送を始めたことで、現在は11カ国語で放送を行っています。1973年4月には、「ラジオコリア(Radio Korea)」と名称を改め、 1994年8月には、国際化の時代に合わせ、「Radio Korea International」と改称しました。そして2005年3月3日に、テレビ国際放送「KBS WORLD」との統合イメージを作るため、ラジオの英文名称を「KBS WORLD Radio」と改めました。

 

KBS WORLD Radioはみなさまと分かち合います

「KBS WORLD Radio」は、厳選された番組をリスナーのみなさまにお届けしています。正確かつ迅速な情報、国際的な感覚を備えたニュースをお伝えするだけでなく、楽しい時、苦しい時を、世界中のリスナーとともに分かち合っていきます。

 

  • 韓半島情勢に関連した番組を通じ、平和の共存と統一韓国の未来を切り開いていきます。
  • 韓国の文化や観光地を紹介する番組を通じて、韓国文化に対する理解を深める機会を提供します。
  • 韓国の音楽を通じて韓国への親近感を高めていきます。
  • 世界中のリスナーの積極的な参加を誘導し、双方向番組としてのモデルとなります。
きれいな音質はリスナーのためのサービスです

「KBS WORLD Radio」は、短波による放送のほか、衛星ラジオ、海外の現地でのAM・FMによる再送信なども実施しています。

2003年8月からは英語やロシア語、フランス語、ドイツ語の放送を国際衛星ラジオWorld Radio Networkで、ヨーロッパ、北アメリカ、中東、アフリカ、アジアに向けて開始しました。
また2006年7月からはアラビア語放送も行っています。

ロシア、インドネシア、アルゼンチンでは、現地でのFMやAMによる再送信を行っています。
(ロシア語放送:モスクワFM(738kHz、2006年9月から)  
インドネシア語放送:ジャカルタのCamajaya FM(102.6MHz、2007年3月から)  
スペイン語放送:Radio Palermo(94.7MHz、2011年1月から))

中東、アフリカの受信状態を改善するため、2003年6月に始めたイギリスRampisham送信所からのアラビア語放送は、2011年10月以降は海外中継施設をアラブ首長国連邦のDhabayaに切り替えて放送しています。
これによって中東産油国との協力関係の促進、北アフリカの国々との交流促進に貢献しています。

カナダRCI(Radio Canada International)との交換送出協定(1990年4月から)は2012年6月に、またイギリスBBC(British Broadcasting Corporation)との交換送出(1993年5月)は、2013年3月に終了しました。

インターネット放送

「KBS WORLD Radio」は、デジタル時代に対応して、1997年11月からインターネットのホームページを開設し、現在は、各言語別に毎日の放送を24時間いつでも聴くことができるストリーミングサービスをはじめ、番組ごとのバッグナンバーや、K-POP番組を11言語で楽しめるストリーミングサービスのミュージックプレーヤー(Music Player)を設けてあります。

また各言語のホームページでは、ニュースをはじめ、番組の音声、テキスト、イメージの総合的なサービスを行っています。

さらに11カ国語の放送を二つのチャンネルで1日24時間のリアルオーディオで聴ける「CH1」「CH2」(日本語放送は、「CH1」が午後9時、午前1時、午前11時、「CH2」は午前8時、正午から1時間聴くことができます)もご利用いただけます。

 

ホームページのアドレス : http://world.kbs.co.kr/japanese

 

 

KBSラジオ国際放送(KBS WORLD Radio)の歩み

1950

1953. 08. 15

 

1955. 12. 01

 

1957. 09. 02

 

1958. 04. 10

KBS WORLD Radioの前身 自由大韓の声(Voice of Korea)がスタート
韓国に住んでいる外国人を対象にした中波による英語放送

日本語放送がスタート(初めての海外向け国際放送スタート)
KBSの中波ラジオ第一放送で15分間の番組(放送所はソウル中区貞洞)

韓国語放送スタート
水原送信所の50kw短波送信機で、短波による北米・ハワイ向け英語放送送出

フランス語放送スタート

1960

1960. 03. 01

1961. 02. 13

1961. 07. 01

1961. 08. 10

1962. 01. 27

1962. 08. 19

1965. 08. 01

1965. 09. 02

1965. 12. 31

1968. 07. 25

ヨーロッパ向けに英語放送・フランス語放送を送出

旧ソ連・北韓向けに ロシア語放送スタート

自由大韓の声は「ソウル国際放送局(HLCA)」に名を改める(ソウル中区貞洞)

中国語放送スタート

ソウル国際放送局が南山に社屋移転

スペイン語放送スタート

ベトナム戦争参戦の韓国軍のための短波放送スタート

日本語放送の人気番組「玄海灘に立つ虹」開始

日本語放送年末恒例の「アナウンサーオンパレード」開始

ソウル国際放送局・ソウル中央放送局・ソウルテレビジョン放送局が中央放送局(国営)に統合

1970

1973. 03. 03

1973. 04. 01

1973. 05. 29

1973. 12. 01

 

 

1975. 06. 02

1975. 09. 10

1976. 11. 01

1976. 11. 01

韓国放送公社(KBS)創立 公共放送スタート

「Voice of Korea」から「Radio Korea」に改称

絵葉書利用から本格ベリカード発行開始

海外リスナーの中からモニターのリスナーを選定
(韓国語11人、日本語53人、中国語35人、英語152人、フランス語41人、ロシア語1人、スペイン語53人)

インドネシア語放送スタート

アラビア語放送スタート

金堤送信所竣工(200kw短波送信機拡充、周波数20種類に増加)

南山から汝矣島新社屋に移転

1980

1981. 05. 01

1981. 12. 01

1982. 06. 01

1983 .06. 01

1985. 06. 01

1985. 10

1986

1988

1988

ドイツ語放送スタート

日本語放送恒例番組「韓国歌謡コンクール」放送開始

在日コリアン2・3世向け日本語放送(30分間)開始(1986.11廃止)

ポルトガル語放送スタート(1994.03.31廃止)

イタリア語放送スタート(1994.10.31廃止)

日本人校閲委員制度開始(初代校閲委員、稲川英雄(TBSアナウンサー1期生))

アジア大会のメイン放送局になる

ソウルオリンピックのメイン放送局となる

京畿道華城送信所から国際放送RKI送出

1990

1990. 04. 02

1993. 05. 01

1994. 08. 15

1994. 11. 01

1995. 04. 03

1995. 07. 31

1997. 11. 03

カナダ国際放送RCIと交換送出協定締結(英語、韓国語、スペイン語)

イギリス国際放送BBCと交換送出協定締結(韓国語、フランス語、ドイツ語、ロシア語)

「Radio Korea」から「Radio Korea International」に改称

日本語放送時間が2時間から1時間に短縮

KBS釜山放送総局からの中波(891kHz)送出を廃止

日本語放送のニュース(午後5時)を生放送で送出(1996.03.31廃止)

インターネット放送開始

2000

2000. 03. 03

2001. 04

2001. 12. 01

2002. 05. 03

2002. 10

 

2003. 07. 01

2003. 08. 15

2003. 08. 15

2004. 06

2004. 09

2004. 09. 11

2005. 03. 03

2005. 03. 03

2005. 11

2005. 12. 01

2005. 12. 19

2006. 07

2006. 09. 18

2007. 01

2007. 03. 01

2007. 10

2007. 10

2008. 09. 01

2009. 10. 20

2009. 10. 22

2009. 11. 01

2009. 11. 01

2009. 11. 18

2009. 12. 01

「玄海灘に立つ虹」1万回達成、NHKラジオスタジオとソウルを結ぶ2元生放送実施

日本語放送ニュース 日本NTTドコモモバイルサービス開始

磁気テープを廃止、デジタル編集送出システムの運用開始

NHKラジオ第1放送との同時2元生放送(2006年まで5年連続、年1回実施)

北海道FM「FM NORTHWAVE」との共同企画コーナー「KJ CONNECTION」スタート(2010.09末廃止)

KBS WORLD TV開局

RKI放送開始50周年

英語放送 国際衛星World Radio Networkで放送開始

アラビア語放送 VTC短波送出開始

英語放送 DRMサービス開始(週30分)

北海道FM「FM NORTHWAVE」とのとの共同企画コンサート「LIVE KJ CONNECTION」実施

「RKI」から「KBS WORLD Radio」に改称

ベトナム語放送開始(短波9640kHZ)

6つの言語ニュース(英、日、中、露、仏、独)米Factiva.comでのサービス開始

日本語放送開始50周年

韓国語番組を在外韓国人放送局へ提供

アラビア語放送 国際衛星World Radio Networkでの放送開始

ロシア語放送 モスクワAMでの放送開始

華城送信所(5975KHz、6135KHz)使用中止

インドネシア語放送 ジャカルタのカマジャヤFMでの放送開始

アラビア語放送 国際衛星World Radio Networkでの放送枠追加

英語放送 国際衛星World Radio Networkでの放送枠追加

ドイツ語放送 ルクセンブルクAMでの放送開始(2009. 2. 28廃止)

11の言語放送 iPhone/iPodでのサービス開始

英語ニュース 「NAVERニュースキャスト」サービス開始

英語放送 ルクセンブルクAMでの放送開始(2011.10.31廃止)

韓国語講座(英語) アシアナ航空での機内サービス開始

11の言語放送 ノキアでのインターネットラジオ サービス開始

韓国語講座(英語) 大韓航空での機内サービス開始

 

2010

2010. 01. 29

2010. 02. 01

2010. 06. 09

2010. 08. 02

2010. 08. 06

2010. 09. 07

2011. 01

2011. 03

2011. 07. 11

2012. 06. 27

2012. 10. 28

2013. 03. 30

2013. 03. 31
 

2013. 03. 31

英語/日本語ニュース 日経テレコムでのサービス開始

中国語/日本語ニュース 「NAVERニュースキャスト」サービス開始

三星badaフォン用のアプリケーション<Let's Learn Korean with KBS>開始

11の言語による24時間インターネット・ストリーミング・サービス開始

iPhone用のアプリケーション<Let's Learn Korean with KBS>開始

三星badaフォン用のアプリケーション<KBS World Radio>開始

iPhone用のアプリケーション<Let's Learn Korean with KBS>開始

アンドロイド用のアプリケーション<KBS World Radio News>開始

モバイル用のウェブ・ページオープン

KBSと Radio Canada Internationalの交換送出廃止

スペイン語放送は、仏領ギアナ(Montsinery送信所・TDF社)から南米向け短波サ―ビス開始

KBSとBBC(British Broadcasting Corporation)World Serviceの交換送出廃止

4言語の放送(独・仏・露・韓国語) 欧州向け・短波サービス開始(英Woofferton送信所・Babcock社)

スペイン語放送は、仏領ギアナ(Montsinery送信所・TDF社)から南米向け短波サービスを廃止し、米SouthCarolina送信所(WRN社)からのサービス開始

go to TOP
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>