陳銀淑氏、世界的権威の音楽賞受賞 アジア初

入力 : 2017-10-11 10:41:14 修正 : 2017-10-11 11:26:33

陳銀淑氏、世界的権威の音楽賞受賞 アジア初

韓国の女流作曲家、陳銀淑(チン・ウンスク)氏が世界的権威をもつフィンランドのシベリウス賞を受賞しました。
陳銀淑氏が常任作曲家として在籍しているソウル市立交響楽団が10日に明らかにしたところによりますと、シベリウス賞の授賞式は、フィンランドのヘルシンキーで現地時間の9日に行われ、陳銀淑氏が作曲した「ソプラノとオーケストラのためのsnagS&Snarls」が演奏され、大きな拍手を受けたということです。
「シベリウス賞」は、1953年に創設され、歴代の受賞者としては、最初の受賞者でこの賞の名前になったシベリウスをはじめ、ショスタコーヴィチやストラヴィンスキーなど世界的に有名な作曲家が名前をつらねています。
しかも、アジア出身の作曲家がこの賞を受賞するのは初めてで、その意味が大きいといえます。
陳銀淑氏は、ことし56歳、ドイツのハンブルグ音楽大学を卒業、現代音楽の作曲家として活躍、現在はソウル市立交響楽団の常任作曲家を務めています。2004年にも音楽界のノーベル賞と呼ばれるグロマイヤー賞、2005年にはアルノルト・シェーンベルク賞など、音楽界で最高の権威をもつ賞を次々と受賞し、現代音楽界の巨匠といわれています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
ポッドキャスト
  • ポッドキャスト
  • KBS WORLD Radioの番組をMP3ファイルでダウンロードし、いつどこででも聴くことができます

<

4 / 4

>