韓国系女優サンドラ・オーがゴールデングローブ賞主演女優賞 

入力 : 2019-01-08 10:47:32 修正 : 0001-01-01 00:00:00

韓国系カナダ人の女優サンドラ・オー(47)が、6日(現地時間)、アメリカのカリフォルニア州で開催されたゴールデングローブ賞の授賞式で、アジア人として初めて司会を務めただけでなく、テレビドラマ部門で初の主演女優賞を獲得しました。
2017年は、出演者の9割がアフリカ系黒人の「ブラックパンサー」や俳優全員がアジア系の「クレイジー・リッチ!」などの映画がハリウッドで人気を博したこともあって、ことしの授賞式は以前よりも様々な人種の俳優が受賞候補に挙げられました。
サンドラ・オーは、2005年にも医療ドラマ「グレイズ・アナトミー」で助演女優賞を受賞しましたが、ゴールデングローブ賞でアジア系の女優が2度もトロフィーを手にしたのは、今回が初めてのことです。
サンドラ・オーは受賞スピーチで「本当に光栄で、すべての人に感謝しています。ここに両親が来ています。2人に心から感謝の気持ちを伝えたい」としたうえで、韓国語で「オンマ、アッパ、サランヘヨ(ママ、パパ、愛してる)」と言いながら、目に涙を浮かばせていました。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
ポッドキャスト
  • ポッドキャスト
  • KBS WORLD Radioの番組をMP3ファイルでダウンロードし、いつどこででも聴くことができます

<

4 / 4

>