格差解消の財団設立 ソウル大学安哲秀教授Video

入力 : 2012-02-06 14:49:21 修正 : 2012-02-07 11:14:25

ソウル大学融合科学技術大学院の安哲秀教授は6日、仮称「安哲秀財団」の設立計画を発表しました。
安哲秀教授はこの日、ソウルのプレスセンターで記者会見し、「財団は社会問題となっている格差を解消することに力を入れ、特に雇用問題の改善、疎外階層の教育支援、世代間の疎通を重点事業として進めていく」と説明しました
安哲秀教授はこれに先立って5日、安哲秀財団の理事長に、女性人権運動家出身の韓国女性財団理事長の朴英淑(パク・ヨンスク)氏(80)を指名しました。
朴英淑氏は、1987年に当時野党だった平民党に入党、平民党の副総裁、総裁権限代行などを務めましたが、それ以前には30年間に渡って女性人権運動や環境運動などを主導、1999年には韓国では初めて市民社会公益財団の韓国女性財団を設立、去年10月の市ソウル市長選挙では当選した朴元淳(パク・ウォンスン)候補の選挙運動顧問を担当しました。
ところで、安哲秀教授は今後の計画について、「韓国社会が発展的な変化を遂げていく過程でどんな役割を果たせるかについて考えている。政治もそのための一つの方法になりえる」と述べました。
安哲秀教授は次期大統領候補としても注目されていますが、政治も役割の一つになりえると発言したことで、今後の動きに関心が寄せられています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
ポッドキャスト
  • ポッドキャスト
  • KBS WORLD Radioの番組をMP3ファイルでダウンロードし、いつどこででも聴くことができます

<

4 / 4

>