文鶴山米軍施設の跡地 多量の発ガン物質検出

入力 : 2016-08-20 12:10:25 修正 : 2016-08-20 14:20:43

文鶴山米軍施設の跡地 多量の発ガン物質検出

韓国駐留アメリカ軍のオイル貯蔵施設として使われていた仁川(インチョン)文鶴(ムンハク)山一帯の土壌から、多量の発ガン物質が検出されました。
文鶴山一帯は、韓国駐留アメリカ軍のオイル貯蔵施設26か所があったところで、1953年から15年間、使用されていました。
施設は既に撤去されましたが、オイルが土や地下水に染み込んだため、近くの住民らは悪臭や汚染問題で長年苦しんできました。そして、2000年、地域の住民や市民団体によって公式に問題提起されました。
こうしたことから、環境部が去年から1年間、文鶴山一帯の200万平方メートルを詳しく調査したところ、住民が住んでいる地域からも発ガン物質のベンゼンが最大で10倍、流産の原因となるキシレンは最大で36倍検出されました。
また、地下水からも発ガン物質が検出され、水質汚染につながる恐れもあります。
環境部は、こうした調査結果を受け、ことしおよそ24億ウォンの予算を投じて、浄化作業に取り掛かる方針です。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
RSS 配信
  • RSS 配信
  • RSSリーダーやRSS対応ブラウザを使うことで、最新ニュースの更新情報を素早くチェックできます。

<

3 / 4

>