良心的兵役拒否 控訴審で初の無罪

入力 : 2016-10-18 14:41:19 修正 : 2016-10-18 14:41:30

良心的兵役拒否 控訴審で初の無罪

宗教的な理由で兵役を拒否するいわゆる良心的兵役拒否者について、無罪とする裁判所の判断が、控訴審では初めて示されました。
光州(クァンジュ)地方裁判所控訴部は18日、 宗教的な理由で兵役を拒否し、兵役法違反の罪で起訴された男性に対する控訴審で、原審と同じく無罪を言い渡しました。
同じ罪で起訴され、一審で懲役1年6か月を言い渡された別の男性2人に対しても無罪を言い渡しました。
裁判所は、「被告の成長過程などから、宗教的信念と良心により兵役を拒否していると判断される。宗教と個人の良心は憲法が保障する権利であり、刑事処罰によりこれを制限することはできない」としたうえで、「国は、先進主要国でみられるような代替服務制度から目を背けてはならない」として、代替服務制度の導入の必要性を指摘しました。
これまでも、宗教的な信念から兵役を拒否し、起訴された人に対し、1審で無罪が言い渡されたことはありましたが、控訴審で無罪となったのは初めてです。
兵役法第88条では、現役入営または召集通知書を受け取った男性が正当な理由なくこれに応じない場合、3年以下の懲役刑に処すよう定めています。
宗教的な理由で兵役を拒否した男性は、2006年以降10年間で5723人に上っており、このうち5215人が処罰を受けています。
憲法裁判所は、2004年と2011年の2回にわたって兵役法第88条に対する審理を行い、合憲と判断していますが、去年、実刑を言い渡された男性3人が、憲法訴願審判を起こしており、憲法裁判所が現在審理中で、近く、判断を示すことにしています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語で、夢を広げよう
韓国の遺産、世界の遺産
新春座談会、本音で語る50分~2016年の韓日関係~
KBS日本語放送 放送開始60周年
光復70年、 未来30年
その他
KBS World Radio Mobile
  • KBS World Radio Mobile
  • 11の言語によるニュースや放送番組のコンテンツのほか、これまで別途提供していたサービス(ストリーミング放送、ポットキャスト、韓国語を学ぼう...

<

1 / 4

>