三星重工業の造船所でクレーンが転倒 6人死亡 

入力 : 2017-05-02 12:45:18 修正 : 2017-05-02 12:45:18

三星重工業の造船所でクレーンが転倒 6人死亡 

韓国南東部の巨済(コジェ)市で、大型クレーンが倒れる事故があり 作業員 6人が死亡しました。
事故があったのは、韓国南東部・巨済市にある三星(サムソン)重工業の造船工場内で、1日午後3時前、重さ32トンのクレーンが倒れ、 作業員らが下敷きになるなどして、6人が死亡、20人あまりがけがをしました。
事故は、石油採掘のための海上設備の建造中に起きたということです。
造船所で作業中だった800トン級の大型クレーンと32トン級のタワークレーンが衝突し、タワークレーンの一部が建造中のプラントに覆いかぶさる形で倒れました。
事故発生時は休憩時間で、作業員たちが1か所に集まっていたところにクレーンが倒れたため多数の犠牲者が出たとみられています。
警察は捜査本部を設置し、事故原因の究明に当たっています。
雇用労働部は、事故の現場をはじめ、三星重工業の作業場全体に対し、作業中止命令を出しています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio Mobile
  • KBS World Radio Mobile
  • 11の言語によるニュースや放送番組のコンテンツのほか、これまで別途提供していたサービス(ストリーミング放送、ポットキャスト、韓国語を学ぼう...

<

1 / 4

>