済州オルレのブランド輸出第2弾 「モンゴル・オルレ」

入力 : 2017-06-20 11:49:38 修正 : 2017-06-20 16:00:43

済州オルレのブランド輸出第2弾 「モンゴル・オルレ」

済州島のトレッキングコース「オルレ」がモンゴルに輸出されることになりました。海外への輸出は、九州に続いて2件目です。
「オルレ」を管理する社団法人「済州オルレ」は、済州観光公社、ウランバートル市などと協約を結び、今月18日と19日に「モンゴル・オルレ」2コースのオープン式を開きました。
「オルレ」とは、済州島の方言で「通りから家に通じる狭い路地」という意味で、モンゴル・オルレでも、コース内の要所に目印として「カンセ」と呼ばれる済州島の馬をモチーフにしたオブジェや、青と赤のリボンなどの標識が使われます。
モンゴル・オルレの第1コースは、ウランバートル市の外側の村や小さな森などをめぐる長さ14.5キロのコースで、土の道を歩きながらモンゴルの伝統家屋や大自然が楽しめます。
第2コースは、ユネスコの世界自然遺産に指定されたテレルジ国立公園をめぐる長さ11キロのコースです。
「済州オルレ」は、コースの開発や維持・補修の方法、運営のノウハウなどを提供します。
オルレのブランドが海外に輸出されるのは、2012年の九州オルレ以来、2件目です。
九州オルレはこれまで19のコースがつくられ、去年まで23万人あまりが訪れました。
社団法人「済州オルレ」は、「モンゴルを徒歩旅行する外国人が増え続けているため、モンゴル・オルレを通じて済州島と済州オルレが世界に発信されることが期待される」と話しています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>