韓国技術で開発した2人乗り航空機 初公開

入力 : 2017-07-21 10:50:51 修正 : 2017-07-22 15:03:39

韓国技術で開発した2人乗り航空機 初公開

韓国の技術で開発された2人乗り軽量航空機の初飛行記念行事が20日、全羅南道(チョルラナムド)の航空センターで行われました。
開発された航空機は、レジャー用航空機の需要増加に対応するため、2010年9月から研究開発を進めていた2人乗り軽量航空機で、先端炭素複合材料を使って機体を軽量化し、重さは600キログラムとなっています。
一度燃料を注入すると時速245キロで最大6時間、1400キロを飛行でき、機体用パラシュートを装着して緊急時の生還率を高めています。
価格は一般モデルがおよそ1億5000万ウォンで、海外の競合機種に比べて3000万ウォン程度安く、価格競争力を備えていると評価されています。
来年から量産に入り、5年後には年間150機が生産される予定です。
世界の軽量航空機市場は急速に成長しており、軽量航空機の国産化に成功したことで、輸入依存度を下げ、輸出市場を広げる効果が期待されています。
政府は、航空産業の発展のために、今後1兆8000億ウォン規模の投資を行うことを発表しています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
ポッドキャスト
  • ポッドキャスト
  • KBS WORLD Radioの番組をMP3ファイルでダウンロードし、いつどこででも聴くことができます

<

4 / 4

>