ソウルの法人タクシー 制服復活へ

入力 : 2017-11-09 11:24:59 修正 : 2017-11-09 11:24:59

ソウルの法人タクシー 制服復活へ

ソウル市内を運行する法人タクシーの運転手が今月13日から、ユニフォームを着用することになりました。
ソウル市が8日、発表したところによりますと、今月13日から、ソウル市内の法人タクシーの運転手およそ3万5000人に、ユニフォームを着用させることにしたということです。自由服に変わった2011年以来、6年ぶりの復活です。
ユニフォームは、夏はブルーのチェック柄のシャツにスラックス、冬はそのうえにブラックのチョッキです。
年末までの指導期間を経て、来年からは、ユニフォームを着用しない場合、運転手は10万ウォンの過料が科せられ、会社は運行停止3日の処分を受けます。
ことしのユニフォームの予算16億ウォンはソウル市が支援し、来年からは会社側が負担します。
しかし、運転手から、運転しにくいという声が出ているほか、5万人あまりに上る個人タクシーの運転手は自由服が維持されるため、議論が続きそうです。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>