浦項地震 地熱発電所が原因か

入力 : 2017-11-24 11:44:04 修正 : 2017-11-24 13:10:50

浦項地震 地熱発電所が原因か

慶尚北道(キョンサンブクド)浦項(ポハン)市で発生したマグニチュード5.4の地震の震源が、地熱発電所からわずか500メートル離れたところだったことがわかり、地熱発電所の建設が何らかの影響を与えた可能性が出ています。
総合編成チャンネル「JTBC」が政府の公式事業団の報告書を入手して23日、発表したところによりますと、浦項地震の震源は、近くの地熱発電所からわずか500メートル離れたところで、深さも3.2キロと浅かったということです。
気象庁は当初、震源地は、浦項市北区の北9キロ付近と、地熱発電所から2.4キロ離れたところで、深さは9キロ付近としていました。
政府の公式事業団は、原発の設計基準の再評価のための地震に関する研究を行っていて、たまたま地熱発電所付近に臨時観測網を設置して、観測していたところ、地震波が検知されました。
今回の地震について一部の専門家らは、この地熱発電所が地下4.5キロのところまでパイプを入れて、高圧で大量の水を注入したことが影響して地震が発生した可能性があると主張しています。
浦項市は、調査の結果、地熱発電所とのかかわりがあるとされれば、法的対応を取るとしています。
一方、気象庁も23日、震源は当初の発表より南東におよそ1.5キロ離れたところで、深さは6.9キロ付近だと修正して発表しました。
去年の慶州の地震より規模は小さかったものの、被害が大きかったのは、震源が浅かったことで、強いエネルギーが伝わったためとみられます。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
KBS World Radio Mobile
  • KBS World Radio Mobile
  • 11の言語によるニュースや放送番組のコンテンツのほか、これまで別途提供していたサービス(ストリーミング放送、ポットキャスト、韓国語を学ぼう...

<

1 / 4

>