「歩きスマホ」 歩行事故の6割占める

入力 : 2018-05-14 10:03:57 修正 : 2018-05-14 16:34:26

「歩きスマホ」 歩行事故の6割占める

歩きながらスマートフォンを操作するいわゆる「歩きスマホ」が原因で発生する歩行中の事故が、全体の6割を占めていることがわかりました。
保険会社の三星(サムスン)火災によりますと、2014年から2016年の間、損害保険会社に報告された「歩行中の不注意による事故」の数は合わせて6340件に上りました。
なかでも、歩行中のスマートフォンの操作が原因で発生した事故の割合は全体の61.7%を占めているということです。
また、歩きスマホによる事故で負傷した人の5割を10代と20代の若者が占めていたほか、事故の71%が午前8時から9時までの時間帯で発生しています。
これについて専門家は、なかでも横断歩道など道路を渡る際、交通事故などに巻き込まれる恐れがあるため、歩きスマホは極めて危険であると指摘しています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
ポッドキャスト
  • ポッドキャスト
  • KBS WORLD Radioの番組をMP3ファイルでダウンロードし、いつどこででも聴くことができます

<

4 / 4

>