原発稼働率が低下 政府が安全点検強化

入力 : 2018-01-13 14:24:48 修正 : 2018-01-13 14:24:48

原発稼働率が低下 政府が安全点検強化

原発に対する政府の安全点検強化策によって、原子力発電所の定期点検や整備が長引き、原発の稼働率が70%台に落ちました。
原発の稼働率は、原発に使う部品の試験結果偽造で一部原発の運転が中止された2013年と、南東部の慶州(キョンジュ)地震による安全点検が行われた2016年を除いて、70%台に落ちたことがありませんが、今回の稼働率低下は、異例のものと受け止められています。
韓国水力原子力会社が13日に発表したところによりますと、国内の原発24基のうち9基が整備のために運転していないため、原発の稼働率は70%台に落ちています。
安全点検や整備には通常3か月程度かかりますが、東海岸の古里(コリ)原発3号機と新古里(シンゴリ)原発1号機などは、格納建物のプレート補修の過程で発生した異物を取り除く作業のため、これまで300日以上も整備を続けています。
電力業界からは、文在寅(ムン・ジェイン)政権の脱原発の方針によって安全点検が厳しくなったためだとして、さらに稼働率が低下することを心配する声が出ています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>