倒産の9割は小規模事業場

入力 : 2014-10-06 08:35:03 修正 : 2014-10-06 08:35:03

倒産の9割は小規模事業場

ここ4年間、倒産した事業場のほとんどが、従業員数が50人未満の小規模な会社であることがわかりました。
労働雇用部によりますと、去年1年間に倒産した事業場は合わせて2665件で、このうち従業員の数が50人未満の小規模な事業場は、全体の93%にあたる2484件でした。
業種別に見ますと、サービス業が全体の21%の572件でもっとも多く、続いて建設業、販売業などの順でした。また地域別に見ますと、ソウル市が全体の30%で最も多く、続いて京畿道(キョンギド)、慶尚南道(キョンサンナムド)などの順でした。
これについて専門家は、「小規模事業場は、資金調達や技術開発、人材確保など、さまざまな問題を抱えている場合が多いので、一時的な危機でたちまち倒産してしまう。これを防ぐため政府が積極的に支援する必要がある」と指摘しています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
KBS World Radio Mobile
  • KBS World Radio Mobile
  • 11の言語によるニュースや放送番組のコンテンツのほか、これまで別途提供していたサービス(ストリーミング放送、ポットキャスト、韓国語を学ぼう...

<

1 / 4

>