三星電子 世界初10ナノ工程での量産開始

入力 : 2016-10-18 10:33:33 修正 : 2016-10-18 10:33:33

三星電子 世界初10ナノ工程での量産開始

三星電子が、半導体回路の幅が1億分の1メートルの、10ナノメートルクラスの製造工程を開発し、スマートフォン向けのモバイル・アプリケーション・プロセッサーの量産を世界で初めて 開始しました。
三星電子は、去年1月に14ナノメートルクラスの製造工程での量産を始めています。
今回の10ナノメートルクラスの工程は、これまでの14ナノメートルクラスの工程に比べて性能を27%改善し、消費電力を40%低減、ウェーハーあたりのチップ生産量を30%向上させたとしています。
三星電子は、性能をさらにアップさせた第2世代の工程を来年の量産を目指して開発中で、それ以降も性能の改善を続けるとしています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
北韓インサイド
2016年スペシャル番組
その他
KBS World Radio Mobile
  • KBS World Radio Mobile
  • 11の言語によるニュースや放送番組のコンテンツのほか、これまで別途提供していたサービス(ストリーミング放送、ポットキャスト、韓国語を学ぼう...

<

1 / 4

>