韓銀 政策金利は据え置き、成長率見通しは上方修正

入力 : 2017-07-13 13:41:20 修正 : 2017-07-13 13:50:36

韓銀 政策金利は据え置き、成長率見通しは上方修正

韓国銀行は13日、金融通貨委員会を開き、政策金利を現状の年1.25%に据え置くことを決めました。
政策金利は、去年6月に過去最低の1.25%に引き下げられてから13か月連続の据え置きとなりました。
アメリカやヨーロッパの中央銀行が段階的に流動性を縮小していく方針を示しているなか、韓国銀行も景気回復の足取りが今のところ弱いと判断したことが背景にあるものとみられています。
韓国銀行はまた、今年の経済成長率の見通しをこれまでの2.6%から2.8%へと、0.2ポイント上方修正しました。
韓国銀行が成長率の見通しを上方修正したのは、4月以来3か月ぶりです。
韓国銀行が示した2.8%は、韓国金融研究院と同じ数値で、韓国開発研究院の2.6%やLG経済研究院の2.6%、現代経済研究院の2.5%よりは高いものとなっています。
今回の上方修正は、輸出の改善に対する期待感を反映したものとみられています。
韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は、「政府が推進中の補正予算は反映していない」と説明しています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
RSS 配信
  • RSS 配信
  • RSSリーダーやRSS対応ブラウザを使うことで、最新ニュースの更新情報を素早くチェックできます。

<

3 / 4

>