男女の賃金格差 韓国はOECD加盟国中最大

入力 : 2018-03-07 10:22:17 修正 : 2018-03-07 10:22:17

男女の賃金格差 韓国はOECD加盟国中最大

韓国の男女の賃金格差がOECD=経済協力開発機構の加盟国中、最も大きいことがわかりました。
ブルームバーグ通信が現地時間の5日に伝えたところによりますと、会計事務所プライスウォーターハウスクーパースがOECD加盟国を対象に男女の賃金格差を調査した結果、韓国は37%で最も大きかったということです。
これは、OECD加盟国の平均である16%の2倍より大きくなっています。
プライスウォーターハウスクーパースは、OECD加盟各国の平均賃金格差を13%まで縮めることができれば、女性の経済活動の活発化や高所得・熟練職業群への移動などの効果が期待され、OECD全体のGDP=国内総生産は6兆ドル増えるとの見方を示しました。
プライスウォーターハウスクーパースはまた、男女の賃金格差を解消するためには、女性をめぐる労働環境の柔軟化、政府による支援の拡大、育児休業制度の拡大などが必要だと指摘しています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
ポッドキャスト
  • ポッドキャスト
  • KBS WORLD Radioの番組をMP3ファイルでダウンロードし、いつどこででも聴くことができます

<

4 / 4

>