製造業の景況感指数上向くも悲観論が優勢

入力 : 2018-04-17 12:30:41 修正 : 2018-04-17 12:30:41

製造業の景況感指数上向くも悲観論が優勢

製造業の景況感は上向きましたが、依然として否定的な見方が多いことが分かりました。
大韓商工会議所は17日、韓国の製造業およそ2200社を対象に企業の景況感を調査したところ、ことし4月から6月までの第2四半期のBSI=景況判断指数は97で、前の四半期から11ポイント上昇したと発表しました。
これは、2015年第2四半期以来の高水準です。
それでも依然として基準値100を下回り続けています。
BSIは100を下回ると、景気が悪化すると予想する企業が、良くなるとみる企業より多いことを意味します。
業種別では、IT・家電が100を上回っているのに対し、鉄鋼や自動車、造船などは100を下回っています。
大韓商工会議所は、「スマートフォンや人工知能、モノのサービス向けの半導体需要が増加し、IT・家電メーカーが景気を牽引しているが、そのぬくもりが全体の業種には広がっていない」と説明しています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>