景気の先行きに赤信号か 

入力 : 2018-05-14 10:06:00 修正 : 2018-05-14 10:06:00

景気の先行きに赤信号か 

韓国の景気の先行きに赤信号が灯っているという見解が出されました。
OECD=経済協力開発機構は、世界主要国の経済指標に基づき、今後6か月から9か月先の景気の状況を予想する指標として、「景気先行指数(CI)」を毎月発表しています。
景気先行指数は100を境に、100以上の場合は「景気の拡大」、100以下の場合は「景気の縮小」を意味しますが、韓国の景気先行き指数は、ことし2月、99.8を記録しました。
ことしの韓国の景気先行指数は、1月にも99.8となっており、2か月連続で100を下回りました。
韓国の景気先行指数が100以下となったのは、2014年9月以来40か月ぶりです。
一方、世界の主要7か国の景気先行指数は2016年7月に99.3で底を打ちましたが、その後徐々に回復し、ことし2月には100.1を記録しています。
これについて専門家は、韓国景気の先行きに不透明感が漂っているものの、景気回復に肯定的な兆しも見えているので、状況を見据えて対応していく必要があると説明しています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
RSS 配信
  • RSS 配信
  • RSSリーダーやRSS対応ブラウザを使うことで、最新ニュースの更新情報を素早くチェックできます。

<

3 / 4

>