4月の失業率4.4% 同時期では過去19年間で最悪

入力 : 2019-05-15 14:51:13 修正 : 2019-05-15 17:20:29

4月の失業率4.4% 同時期では過去19年間で最悪

先月の失業率が4.4%となり、4月の失業率としてはこの19年間で最悪となったことがわかりました。
統計庁が15日、発表した「2019年4月の雇用動向」によりますと、先月の失業率は前の年の同じ月に比べて0.3ポイント上昇して4.4%だったということです。
4月の失業率としては4.5%だった2000年4月以来もっとも悪い数字となりました。
失業者数も124万5000人で、この19年間でもっとも多くなりました。
これは、地方公務員試験の受付期間が通常の3月からことしは4月に延期されたことで、若年層の失業者が増えたことが影響したとみられます。
また先月の就職者数が30代で9万人、40代で18万7000人それぞれ減少したことも失業率の上昇につながったとみられます。


[Photo : YONHAP News]

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
RSS 配信
  • RSS 配信
  • RSSリーダーやRSS対応ブラウザを使うことで、最新ニュースの更新情報を素早くチェックできます。

<

3 / 4

>