北韓外務省 NY空港で外交文書強奪と主張Video

入力 : 2017-06-19 11:20:02 修正 : 2017-06-20 11:01:46

北韓外務省の報道官は18日、ニューヨークで国際会議に出席した北韓の代表団が空港で外交上の連絡手段である「外交行のう」を強奪されたと主張しました。
北韓の国営朝鮮中央通信が伝えました。
それによりますと、北韓の代表団は国連本部で開かれた障害者権利条約の締約国会議に出席したあと、16日に帰国の途につきましたが、ジョン・F・ケネディ空港で、警察官らに外交文書が入った「外交行のう」を強奪されたということです。
北韓外務省の報道官は、主権侵害行為だとしてアメリカ政府を非難し、謝罪を求めました。
「外交行のう」はウィーン条約に基づき、本国政府と在外公館の外交上の書類などを運ぶために使用され、他国の政府は開封できないことになっています。
詳細な経緯は明らかになっていませんが、アメリカのメディアは、北韓で拘束されていたアメリカ人大学生が最近こん睡状態で帰国したことに注目する必要があると指摘しています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
RSS 配信
  • RSS 配信
  • RSSリーダーやRSS対応ブラウザを使うことで、最新ニュースの更新情報を素早くチェックできます。

<

3 / 4

>