非核化方式 「トランプ方式」に注目

入力 : 2018-05-17 14:17:56 修正 : 2018-05-17 14:22:51

非核化方式 「トランプ方式」に注目

北韓の非核化をめぐって米朝が激しくけん制しあっているなか、ホワイトハウスが北韓の非核化の方式として示した「トランプ方式」について、注目が集まっています。
ホワイトハウスの報道官が現地時間の16日、記者団に対して、北韓にまずは核を放棄させ、あとで経済支援や関係の正常化を行ういわゆる「リビア方式」について、「まだ決まったものはない。北韓の非核化の方式は、『トランプ方式』だ」と強調しました。
米朝首脳会談を控えてトランプ政権がこれまで北韓に求めてきた非核化の方式は、「一括妥結方式の核廃棄」ということで、リビア方式に似ているとされていました。
これに対して、金桂冠(キム・ゲグァン)第1外務次官は16日、談話を発表し、「アメリカが一方的に北韓の核計画放棄を主張するなら、北韓はアメリカとの首脳会談を再考するかもしれない」と伝え、リビア方式に反対する立場を明確にしています。
トランプ大統領としては、歴史的な出来事となる米朝首脳会談の機会を破局に終わらせないためには、戦略的な柔軟性を発揮せざるを得ず、「トランプ方式」は、目標や方向性など大筋での一括妥結を行ったあと、段階別の履行や補償を行う方式になるという見方が出ています。
こうしたなか日本のメディアが、北韓が6か月以内に核兵器の一部を海外に搬出させれば、アメリカが、テロ支援国家の指定を解除する案を検討するとみられると報じ、関心が寄せられています。
北韓は今月10日、金委員長とアメリカのポンペイオ国務長官との会談を伝え、トランプ大統領が新たな対案を持ってきて問題解決に大きな関心を寄せていることを評価すると明らかにしていて、ここでの新たな対案が、テロ支援国家の解除に関するこうした案だという見方も出ています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>