ボルトン米大統領補佐官 北韓産石炭搬入疑惑で電話会談

入力 : 2018-08-08 14:32:58 修正 : 0001-01-01 00:00:00

ボルトン米大統領補佐官 北韓産石炭搬入疑惑で電話会談

アメリカのボルトン大統領補佐官は7日、韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長と電話で会談し、北韓産石炭の韓国への搬入疑惑について意見を交わしました。
ボルトン大統領補佐官はこの日、アメリカのフォックスニュースのインタビューで、鄭義溶国家安保室長と電話で会談したことを明らかにし、鄭義溶国家安保室長から 北韓産石炭の韓国への搬入疑惑の調査について説明を受けたとしました。
そのうえで、「われわれは韓国政府と全的に協力している」と指摘するとともに、「われわれは北韓に対して『最大の圧力』と呼ばれる制裁を継続している」として、非核化が進展するまでは制裁の緩和はないとの立場を強調しました。
一方、大統領府青瓦台の関係者は、北韓産石炭の韓国への搬入疑惑に関連して、韓国政府が制裁の履行に消極的だとする指摘について、「韓国政府はアメリカと協力して制裁を徹底的に履行しており、アメリカも制裁の履行に関連して韓国側に問題を提起したことはない」と指摘しました。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
RSS 配信
  • RSS 配信
  • RSSリーダーやRSS対応ブラウザを使うことで、最新ニュースの更新情報を素早くチェックできます。

<

3 / 4

>