米政府 ことし2回目の対北韓制裁

入力 : 2017-06-02 11:57:06 修正 : 2017-06-02 11:57:06

米政府 ことし2回目の対北韓制裁

アメリカ政府は、北韓の個人4人と団体10人を制裁対象に新たに追加する対北韓制裁を発表しました。
アメリカ政府は現地時間の1日、ことしに入って2回目となる対北韓制裁を発表しました。
それによりますと、個人としては、中国北京にある北韓の高麗銀行代表のリ・ソンヒョクら北韓人2人、ロシア人1人、コンゴ人1人の合わせて4人が、団体としては、人民軍、人民武力省など北韓の政府機関をはじめ、北韓と取り引きをしているロシアの3つの団体など合わせて10の団体が新たに制裁対象に追加されました。
制裁対象に指定された個人や団体は、アメリカ国内にある資産が凍結され、アメリカ企業との取り引きが禁じられます。
北韓は対話の可能性に言及しながらも、相次ぐミサイル発射などの挑発を続けており、これに対してアメリカは、断固とした態度を取るとする警告のメッセージを発したものです。
韓国外交部の当局者は2日、アメリカの今回の対北韓制裁について、評価するとしたうえで、「韓国政府は制裁と対話のあらゆる手段を用いて、北韓を非核化へと導くため、今後、アメリカ、日本、中国を含む国際社会との協力をさらに強化する」と述べました。
一方、国連としての対北韓制裁も進められていて、アメリカと中国がともに安全保障理事会に提出した対北韓制裁案の採決が韓国時間の3日午前、行われる予定です。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio Mobile
  • KBS World Radio Mobile
  • 11の言語によるニュースや放送番組のコンテンツのほか、これまで別途提供していたサービス(ストリーミング放送、ポットキャスト、韓国語を学ぼう...

<

1 / 4

>