米中首脳が電話会談 中国が米へ自制呼びかけ

入力 : 2017-08-12 15:02:01 修正 : 2017-08-12 15:02:01

米中首脳が電話会談 中国が米へ自制呼びかけ

韓半島情勢の緊張が高まっていることを受けて、アメリカのトランプ大統領と中国の習近平国家主席は、韓国時間の12日午後、電話で会談し、習近平主席は「関係各国が冷静さを保ち、緊張を高める言動を慎むべきだ」として、アメリカ側に自制するよう求めました。
中国国営のCCTVによりますと、この電話会談で習近平主席は、韓半島情勢について「韓半島の平和と安定を実現することが中米両国にとって共同の利益になる。関係各国が冷静さを保ち、緊張を高める言動を慎むべきだ」と述べて、アメリカ側に自制するよう求めました。
そして「韓半島の核問題を解決する根本的な手段はあくまでも対話であるべきだ」と強調し、軍事的行動を示唆するトランプ大統領に対話を通じた解決を求めました。
これに対してトランプ大統領は、「中国が韓半島の核問題に果たしてきた役割を十分理解している。アメリカは中国と緊密なコミュニケーションを保っていきたい」と答えたということです。
アメリカのCNNテレビによりますと、トランプ大統領は、通商法301条にもとづいて、アメリカに対して中国が不公正な貿易を行っていないかどうか調査を指示する考えを習主席に伝えたということです。
アメリカが北韓に対して強気の発言を続けている背景には、北韓にとって最大の貿易相手国の中国を念頭に「北韓への経済制裁の履行を徹底するよう求める狙いがある」という見方が出ています。


  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
RSS 配信
  • RSS 配信
  • RSSリーダーやRSS対応ブラウザを使うことで、最新ニュースの更新情報を素早くチェックできます。

<

3 / 4

>