平壌訪問の猪木議員 李スヨン前外相と会談か

入力 : 2017-09-09 11:50:14 修正 : 2017-09-09 11:50:14

平壌を訪問している日本の元プロレスラー、アントニオ猪木参議院議員が、北韓の前の外相で金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の側近とされる李洙ヨン(リ・スヨン)労働党副委員長と会ったことがわかりました。
北韓国営の朝鮮中央通信は8日、「朝日友好親善協会顧問の李洙ヨン党副委員長が、猪木参議院議員らの一行と面会した」と短く報じました。
李洙ヨン氏は、党の外交の統括役で、金正恩委員長の後見役を務めたとされる側近で、2人は、北韓と日本との関係をはじめ、6回目の核実験などで緊張が高まっている国際情勢について意見を交わしたものとみられています。
猪木氏は6日、平壌行きを前に経由地の北京の空港で、「交流や話し合いをしないで、圧力を加えるだけでは効果がない」と強調していました。
猪木氏は、去年9月にもスポーツ交流などで北韓を訪れており、北韓訪問の回数は30回以上に達しています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
RSS 配信
  • RSS 配信
  • RSSリーダーやRSS対応ブラウザを使うことで、最新ニュースの更新情報を素早くチェックできます。

<

3 / 4

>