中国 原油輸出中断など追加制裁に難色

入力 : 2017-12-01 11:19:05 修正 : 2017-12-01 11:19:05

中国 原油輸出中断など追加制裁に難色

北韓のミサイル発射を受けて、アメリカが中国に対して北韓への原油輸出の中断を含めた強行措置を求めましたが、中国は、難色を示しています。
北韓による新型大陸間弾道ミサイルの発射を受けて現地時間の29日に開かれた国連安全保障理事会の緊急会合で、アメリカのヘイリー国連大使は、「原油が核開発計画の重要な要素だ」と指摘したうえで、圧力強化には原油の最大の供給元である中国の協力が欠かせないとの認識を示し、中国に対し、原油供給制限の着実な実施など圧力強化に向けた行動を求めました。
これに対し、中国の呉海涛国連次席大使は、「最優先事項は、すべての関係国が冷静さを保ち、安保理決議を厳格に履行しながら早期の対話再開を目指すことだ」などと述べ、事実上、アメリカの要求を拒否しました。
また、中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報とグローバルタイムズは、北韓が今回発射したミサイルはアメリカ全域を攻撃できるものとする専門家の分析を紹介し、そのなかで、アメリカに責任があるとの認識を示し、制裁ではなく、対話による解決を強調しました。
さらに、中国外務省の耿爽報道官は11月30日の定例記者会見で、「我々は特定の国が安保理の枠外で、自国の法律に基づき、他の国を単独制裁することに反対する」と述べ、対話による問題解決を重視する姿勢を示しました。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
ポッドキャスト
  • ポッドキャスト
  • KBS WORLD Radioの番組をMP3ファイルでダウンロードし、いつどこででも聴くことができます

<

4 / 4

>