「南北が笑顔で握手」 外国メディアも注目

入力 : 2018-02-10 10:46:21 修正 : 2018-02-10 15:02:46

「南北が笑顔で握手」  外国メディアも注目

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、北韓の高位級代表団として韓国を訪れている金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長と9日の平昌(ピョンチャン)オリンピック開会式で、「歴史的な握手」を交わしたと、外国メディアが一斉に伝えています。
金与正氏は、ペンス副大統領や安倍首相らと同じVIP席から開会式を見守り、式の開始およそ10分後に、文大統領がIOCのバッハ会長とともに入ってくると金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長とともに立ち上がり、明るい笑顔で文大統領夫妻と握手し簡単な言葉を交わしました。
また、南北選手団が合同で入場した際にも、立ち上がって笑顔で手を振っていました。
これについて、AP通信は、「文在寅大統領と金与正党第1副部長が歴史的な握手を交わした」と報道し、CBSニュースは、「アメリカのペンス副大統領は依然として北韓への強い圧力と制裁を強調しているが、開会式でひとつになった韓国が示したビジョンは強烈だった」と評価しました。
また、BBC放送は「韓国が開会式で南北融和と平和のメッセージを世界に伝えた」と紹介しました。
CNN放送は、「文大統領と金与正氏は2回も握手をしたが、すぐ側でペンス副大統領は固い表情をみせた。ペンス副大統領は開会式で北韓代表団と言葉を交わさず、開会式前の歓迎レセプションにも出席しなかった」と指摘しました。
ワシントンポストは、「月曜日に想像すらできなかったことが、金曜日に現実になった」として、「南北が、笑顔と共通言語で言葉を交わし、互いのメッセージを国際社会に堂々と伝えた」と紹介しました。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>