トランプ氏 北韓との対話めぐり「進展の可能性」

入力 : 2018-03-07 10:28:47 修正 : 2018-03-07 13:14:35

トランプ氏 北韓との対話めぐり「進展の可能性」

北韓がアメリカと非核化をめぐり対話する用意があると表明したことで、米朝の直接対話に向けたムードが出来上がりつつあり、アメリカの出方に注目が集まっています。
アメリカはこれまで、北韓との直接対話の前提条件として非核化を議題にすることをあげてきており、北韓が非核化をめぐりアメリカと対話する用意があることや、対話が続く間、追加の核実験と弾道ミサイルの発射など挑発を再開することはないと表明したことは、米朝対話に向けた端緒を切り開くことができると期待されています。
ただ、「対話ムード」の裏側で北韓は核・ミサイル開発を依然続けていて、非核化の意思はなく、時間稼ぎではないかという懸念も消えておらず、アメリカは、北韓の真意を慎重に見定める方針です。
特使として北韓を訪問した鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長らは今週中にアメリカを訪問し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長らとの会談結果を説明することになっています。鄭室長は、「アメリカに対しては、北韓の立場について伝えるべき追加の内容がある」と明らかにしており、特使団の説明はトランプ大統領の最終的な決断に大きな影響を与えるものとみられています。
こうしたなか、トランプ大統領が南北の合意について期待感を示していることは、米朝対話の開始に向けた前向きなシグナルだとする見方が広まっています。
トランプ大統領は、北韓が対話の意思を表明したことについて、ツイッターに「北韓との対話をめぐり、進展の可能性がみられている。肩透かしとなる可能性もあるが、アメリカはどちらの方向に向けても強く向き合う用意がある」と投稿し、直接対話の可能性に前向きな姿勢を示しています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
RSS 配信
  • RSS 配信
  • RSSリーダーやRSS対応ブラウザを使うことで、最新ニュースの更新情報を素早くチェックできます。

<

3 / 4

>