米朝が直ちに実務接触へ

入力 : 2018-03-10 11:10:41 修正 : 2018-03-11 14:18:48

米朝が直ちに実務接触へ

5月までに開催する見通しとなった史上初の米朝首脳会談に向け、アメリカと北韓は実務接触に拍車をかけるものとみられ、誰が、どのような形式で協議に臨むかに関心が寄せられています。
北韓からは、つい最近、外務次官に昇格した、対米交渉や核問題担当者の崔善姫(チェ・ソンヒ)氏が前面に出ることが予想されます。
崔善姫外務次官はこれまで、北韓の核問題をめぐる6か国協議の次席代表を務め、去年5月にはノルウェーで、アメリカ首席代表のジョセフ・ユン北韓担当特別代表と接触するなど、水面下でアメリカとの二国間接触を行ってきました。
一方、アメリカ側はジョセフ・ユン北韓担当特別代表が最近辞任したほか、韓国駐在大使も空席のままになっており、外部専門家を迎え入れる案が浮上しているということです。
ただ、5月開催までに十分な時間がないため、次官級協議なしに、アメリカのティラーソン国務長官と北韓の李英浩(リ・ヨンホ)外相による外相会談で調整をはかり、首脳会談に持ち込む可能性もあるとする観測も出ています。
米朝間の予備会談は、早ければ4月初めにも開催される見通しで、場所は、ワシントンや平壌(ピョンヤン)のほかに、北韓の国連代表部があるニューヨークなどが有力視されています。
また、会談に先立って、北韓は金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の実の妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長を、アメリカはティラーソン国務長官をそれぞれ特使として相手国に派遣する可能性もささやかれています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
KBS World Radio Mobile
  • KBS World Radio Mobile
  • 11の言語によるニュースや放送番組のコンテンツのほか、これまで別途提供していたサービス(ストリーミング放送、ポットキャスト、韓国語を学ぼう...

<

1 / 4

>