AIの開発に指針 OECDが勧告を採択

入力 : 2019-05-23 14:05:31 修正 : 0001-01-01 00:00:00

AIの開発に指針 OECDが勧告を採択

OECD=経済協力開発機構の加盟国とパートナーの合わせて42か国は、パリで開かれたOECDの閣僚理事会初日の22日、「AI=人工知能の開発は人権・民主的価値・多様性を尊重して行われるべきだ」とする内容の勧告を全会一致で採択しました。
この勧告には「AIは包摂的な成長、持続可能な開発とウェルビーイングを目指し、人類と地球に資するべきだ」とする内容が盛り込まれました。とくに「AIシステムは、法の支配、人権、民主主義的な価値観、多様性を尊重すべきだ」とし、必要に応じては人間が介入できるようにするなど、公平性を確保するための安全装置の必要性を強調しています。
この勧告は、閣僚理事会副議長国を務める韓国が議論を主導したもので、法的な拘束力はありませんが、これまでは国際的に合意された、AIについての原則がなかったため、AIやロボット関連技術開発の今後の指針となる見通しです。
今回の勧告には、OECD加盟国36か国とともに、パートナー国であるブラジル、アルゼンチン、コロンビア、コスタリカ、ペルー、ルーマニアの各国も賛同しました。

[Photo : YONHAP News]

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
KBS World Radio Mobile
  • KBS World Radio Mobile
  • 11の言語によるニュースや放送番組のコンテンツのほか、これまで別途提供していたサービス(ストリーミング放送、ポットキャスト、韓国語を学ぼう...

<

1 / 4

>