朴大統領 “公共機関の負債は4大河川整備が要因”

入力 : 2014-02-26 10:20:58 修正 : 2014-02-26 13:13:24

朴大統領 “公共機関の負債は4大河川整備が要因”

およそ500兆ウォン、47兆円あまりの韓国の公共機関の負債について、朴槿恵(パク・クネ)大統領は25日、李明博(イ・ミョンバク)前政権が進めた4大河川整備事業が原因であると指摘しました。
朴大統領は、就任1年を迎えた25日、国民向けの談話を発表し、「経済革新3か年計画」を打ち出し、実現するための取り組みの一つとして、公共部門の改革をあげています。
この中で、朴大統領は、李明博前大統領が進めた4大河川整備事業について触れ、「公共部門では長い間、非正常な慣行と低い生産性が固着している。22兆ウォンが投入された4大河川整備事業のように、政府の財政負担を公共企業に転嫁させ、健全性を悪化させることが少なくなかった」と指摘しました。
また、朴大統領は、今月10日の首席秘書官会議でも、公共機関の負債について、4大河川整備事業などを無理に推進したために抱え込んだのも事実だと述べ、4大河川整備事業が要因の一つになっているとの考えを示しました。
4大河川整備事業については、朴槿恵政権発足後、検証を求める声が強まり、発足した「4大河川整備事業調査・評価委員会」が来月から現場調査を始め、年末にも調査結果を発表することにしています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語で、夢を広げよう
韓国の遺産、世界の遺産
新春座談会、本音で語る50分~2016年の韓日関係~
KBS日本語放送 放送開始60周年
光復70年、 未来30年
その他
KBS World Radio Mobile
  • KBS World Radio Mobile
  • 11の言語によるニュースや放送番組のコンテンツのほか、これまで別途提供していたサービス(ストリーミング放送、ポットキャスト、韓国語を学ぼう...

<

1 / 4

>