セヌリ党の李貞鉉前代表 責任取って離党

入力 : 2017-01-03 09:17:25 修正 : 2017-01-03 09:17:25

セヌリ党の李貞鉉前代表 責任取って離党

与党セヌリ党の李貞鉉(イ・ジョンヒョン)前代表が朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件の責任を取って、2日、セヌリ党に離党届を出しました。
朴槿恵大統領に近い主流派議員としては初めての離党となります。
李貞鉉前代表は、「党代表を務めた者として、すべての責任を取って離党する。セヌリ党の融和を祈る」と語りました。
セヌリ党では、印名鎮(イン・ミョンジン)非常対策委員長が、朴大統領に近い主流派議員に対して第一線から退くことを求める、いわゆる「人的清算」を進めていて、李前代表は、これに歯止めをかけるために自ら離党したものとみられます。
李貞鉉前代表は先月16日、党代表を辞任しています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
ポッドキャスト
  • ポッドキャスト
  • KBS WORLD Radioの番組をMP3ファイルでダウンロードし、いつどこででも聴くことができます

<

4 / 4

>