潘基文氏12日帰国 本格的な選挙戦始まるか

入力 : 2017-01-11 14:15:24 修正 : 2017-01-11 16:54:22

潘基文氏12日帰国 本格的な選挙戦始まるか

有力な次期大統領候補とされている前国連事務総長の潘基文(パン・ギムン)氏が12日、帰国します。これにより、大統領選挙戦が本格化するものとみられています。
潘氏は明日、韓国に帰国した直後に仁川空港で簡単な質疑応答の時間を設けるとしているほか、13日にソウルの国立墓地に参拝した後、14日には故郷の忠清北道(チュンチョンブクド)陰城(ウムソン)を訪問する予定です。忠清北道は大々的な歓迎式を行って潘氏を応援する予定で、これが事実上の大統領選挙出陣式になるものとみられています。
潘氏の帰国に合わせて、各党の動きも慌しくなっています。
文在寅(ムン・ジェイン)元代表など有力な次期大統領候補者を有している「ともに民主党」は、候補者選びの規則変更に着手するほか、潘氏を仮想対立候補として対策に取り組んでいます。
潘氏との連帯について党内の意見が分かれている「国民の党」も、15日、全党大会を開き、新しい指導部の選出を終えたあと、本格的な大統領選挙体制に突入する見通しです。
一方、潘氏を積極的に迎え入れようとしている「正しい政党」は、党の立ち上げ作業に拍車をかけており、与党セヌリ党は、党内の忠清地域の議員らを中心に潘氏と協力しようとする動きを見せています。
政界では、潘氏が帰国直後には特定の政党に合流しないだろうという見方が主流ですが、潘氏が独自に新しい党を作ることも難しいのが現実です。
さらに、潘氏が2005年と2007年に実業家から合わせて23万ドル、およそ2700万円を受け取っていたとする疑惑が浮上しており、今後の動向に注目が集まるものとみられています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>