李克強首相 「米中関係前進へ」

入力 : 2017-03-16 15:07:03 修正 : 2017-03-16 15:07:03

李克強首相 「米中関係前進へ」

中国の李克強首相が、「米中関係を前進させなければならない」とし、前向きな姿勢を示しました。
中国の李克強首相は15日、韓国の国会にあたる第12期全国人民代表大会第5回会議の閉幕後、記者会見を行い、韓半島情勢についての日本の記者の質問に対して、「アメリカのトランプ大統領と政府高官らが『一つの中国』政策について明確な態度を示しているため、両国の協力の見通しは明るい。米中関係に紆余曲折はあったが、関係を前進させなければならない」と述べました。
しかし李克強首相は、米中間のもっとも大きな争点となっているアメリカの高高度迎撃ミサイルシステム「サード(THAAD)」の韓国配備については触れませんでした。
これは、来月行われる予定の中国の習近平国家主席とトランプ大統領の首脳会談を前に、敏感な問題についての言及を避けたものとみられます。
一方、中国の代表的な韓半島専門家で、中国人民政治協商会議の外事委員会常務委員は、公の場で韓国に対する報復措置を中止すべきだと主張しました。
この専門家は、最近、中国人民政治協商会議で、「中国は多くの国と経済関係を結んでいる。サードを理由に韓国、そしてロッテなどの韓国企業に経済制裁を加えれば、中国経済にも大きな被害をもたらしかねない」と指摘し、懸念を示したということです。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>