文大統領 小・中・高校に大気汚染物質の測定器設置へ

入力 : 2017-05-16 11:48:08 修正 : 2017-05-16 11:48:08

PM10=粒子状物質やPM2.5=微小粒子状物質による大気汚染の問題が深刻になっているなか、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、全国の小・中・高校に大気汚染物質の測定器を設置すると述べました。
文在寅大統領は、ソウル陽川(ヤンチョン)区にある小学校で行われた大気汚染物質に関する授業「PM10やPM2.5を正しく知ろう」を参観し、「全国の小中高校1万1000校に簡易測定器を設置する。1台に600万ウォンほどするため、600億ウォンほどかかるが、財政を投入してでもすべての学校に設置する」と述べました。
また「PM10やPM2.5による大気汚染のため、屋外で体育の授業ができない場合が多くなっている。体育館のない学校には体育館を建て、屋内での授業ができるようにする。教室や体育館に空気清浄機も設置する」と約束しました。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
ポッドキャスト
  • ポッドキャスト
  • KBS WORLD Radioの番組をMP3ファイルでダウンロードし、いつどこででも聴くことができます

<

4 / 4

>