韓中戦略対話 両国関係の発展を強調

入力 : 2017-06-20 14:58:21 修正 : 2017-06-20 14:58:21

韓中戦略対話 両国関係の発展を強調

韓国と中国の第8回外務次官級戦略対話が20日、北京で開かれました。
今回の対話には、韓国から外交部の林聖男(イム・ソンナム)第1次官が、中国から外務省の張業遂筆頭次官が出席しました。
冒頭発言で、張業遂筆頭次官は、「韓中関係はいま重要な段階にある。文在寅(ムン・ジェイン)大統領就任後、両国首脳は電話会談や特使の派遣などで両国関係の改善と発展を重視する積極的なメッセージを交わした」と述べました。
張次官は、「しかし、韓中関係を制約する障害物がいまだ取り除かれず、韓半島情勢は依然として複雑だ。両国はコミュニケーションの一層の強化を通じて、問題解決の方法を模索することで、両国関係を安定的で健康な発展の軌道に戻す必要がある」と強調しました。
また、「林聖男第1次官の中国訪問は大変時宜にかなっていると思う」と述べました。
これに対して林次官は、「何事も始めが大事という言葉がある。文大統領は就任後、韓中関係をさらに重視し、両国間の実質的な戦略的協力パートナーシップを築いていくとする立場を明確に示している」と述べました。
林次官は、「文大統領は就任直後、中国の習近平国家主席と非常に意義深い電話会談をし、その後両国政府間では多くの交流があった。それにもとづいて、今回の戦略対話では、両国関係をいかに発展させていくかについて議論したい」と語りました。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>