統一部 「制裁と対話並行路線に変化なし」

入力 : 2017-07-05 14:12:44 修正 : 2017-07-05 14:14:42

統一部 「制裁と対話並行路線に変化なし」

統一部は、北韓がICBM=大陸間弾道ミサイルを試験発射したことと関連して、文在寅(ムン・ジェイン)政権が対北韓政策でこれまで掲げてきた制裁と対話を並行させる路線に「変化はない」ことを明らかにしました。
統一部の報道官は5日に行われた定例会見で「韓半島の平和のためには、核問題の平和的な解決が必要だ。北韓の挑発に対しては強い圧力と制裁を続ける一方、対話の扉を開いていくという従来の構想に大きな変化はない」と述べて、制裁と対話を並行させる路線を今後も維持していくことを示唆しました。
また、報道官は、文在寅大統領が5日、「北韓がレッドラインを超えた場合、韓国とアメリカがどんな対応を取るか分からない」と発言して北韓をけん制したことと関連して「今回の北韓のICBM試験発射がレッドラインを超えたものなのか」とする質問に対しては「特にレッドラインの基準はない」と述べました。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
ポッドキャスト
  • ポッドキャスト
  • KBS WORLD Radioの番組をMP3ファイルでダウンロードし、いつどこででも聴くことができます

<

4 / 4

>