政府 「韓米FTAが米の対韓貿易赤字の原因ではない」

入力 : 2017-07-14 11:14:24 修正 : 2017-07-14 13:15:52

政府  「韓米FTAが米の対韓貿易赤字の原因ではない」

大統領府青瓦台は、13日、アメリカが韓米FTA=自由貿易協定の見直しのため、 8月にワシントン D.C.で 両政府の代表による合同委員会の特別会合を開催するよう正式に求めていることについて、話し合いに応じる姿勢を示しました。
しかし、青瓦台は、両国の貿易不均衡の原因が韓米FTAにあるというアメリカ側の主張には同意できないとし、FTAの効果を両国が合同で綿密に調査・分析・評価することを提案しました。
政府関係者によりますと、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、6月30日、アメリカでドナルドトランプ大統領との首脳会談で「アメリカの対韓国貿易赤字が大きいことは知っている。しかし、貿易赤字が大きい原因が韓米FTAなのか、他に理由があるのか調べるべき」と述べたということです。
また、政府関係者は、合同委員会について、「韓国側の代表となる通商交渉本部長がまだ任命されていないので、すぐには対応が難しい。合同委員会が開かれても必ずしも見直し交渉になるのではない。一方が見直しの交渉を求めても、相手が合意しなければ一方的に交渉を押し進めることはできない」と説明しています。
そして、政府関係者は、「我々は、韓米FTAは互恵的なもので、アメリカに不利なものではないと認識している」とし、アメリカの国際貿易委員会(ITC)の評価機関の資料を引用しながら「韓米 FTAによって、アメリカの韓国に対する貿易赤字が抑えられたという分析もある」と紹介しました。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>