文大統領が被害者に謝罪 加湿器殺菌剤事件Video

入力 : 2017-08-09 11:23:13 修正 : 2017-08-10 10:34:51

加湿器に使う殺菌剤で、多くの死傷者が出た問題で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、被害者らと会い、政府を代表して謝罪しました。
この問題は、イギリスに本社を置く多国籍企業「レキット・ベンキーザー」の韓国法人が、およそ10年間にわたって加湿器の水に混ぜる殺菌剤として有害な化学物質が含まれた製品を販売し続け、新生児や妊婦らに多くの死傷者が出たもので、2011年にようやく表面化しましたが、大統領が謝罪したのは、これが初めてです。
文大統領は8日、被害者やその遺族など15人を大統領府青瓦台に招き、「政府を代表して深くおわびします。重い責任感を持っており支援を忠実にしていきます」と謝罪しました。
具体的には、文大統領は被害者を支援するための政府予算を増やすと約束するとともに、関連法案の改定に努めて再発防止に万全を期すと強調しました。
この問題をめぐっては、ことし3月末の時点で被害届を出した5532人のうち982人の判定が行われましたが、政府からの支援を受けられる基準を満たす人は280人に止まっていて、被害者救済がきちんと行われていないことが問題として指摘されています。
こうしたことを受け、加湿器の殺菌剤によって健康被害を受けたものの、政府の認定基準を満たすことができずに支援を受けられなかった人に対して、医療費や介護費などの支援を受けられるようにする「加湿器殺菌剤被害救済特別法」が9日から施行され、支援対象が拡大される見通しです。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>