北韓に威嚇の中止求める 国家安保会議常任委

入力 : 2017-08-11 12:49:41 修正 : 2017-08-11 13:18:49

北韓に威嚇の中止求める 国家安保会議常任委

大統領府青瓦台の国家安全保障会議(NSC)の常任委員会の定例会議が10日、開かれ、北韓に対して韓半島の緊張を高める威嚇行為を止めるよう求めました。
青瓦台の報道官が定例会見で発表したところによりますと、国家安全保障会議常任委員会の定例会議は、10日午後3時から2時間にわたって開かれました。
会議には、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安全保障室長をはじめ、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官、宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官、徐薰(ソ・フン)国家情報院長など、安全保障にかかわる長官や次官7人が出席しました。
会議では、最近、北韓が挑発や威嚇を続け、韓半島をはじめ周辺国の安全保障状況が非常に厳しくなっているとする認識を共有し、北韓に対してこうした威嚇行為を止めるよう促しました。
また韓半島で軍事的な緊張が高まり、武力衝突が起これば、どの国にも利益にはならないとして、韓米による堅固な防衛体制にもとづいて、アメリカなど主要国と連携して、韓半島の緊張解消や平和の維持のために必要なあらゆる措置を講じることにしました。
さらに、韓半島問題の一方の当事者の韓国政府が、対話の扉を開き、いまの緊張を緩和し、根本的な解消に向けての外交努力を積極的にしていくことにしました。
国家安全保障会議常任委員会の定例会議は、先月27日にも開かれています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>