文大統領、 習主席に続き李克強首相とも会談  

入力 : 2017-11-14 07:19:08 修正 : 2017-11-14 07:20:25

文大統領、 習主席に続き李克強首相とも会談  

ASEAN=東南アジア諸国連合関連の首脳会議に出席するため、フィリピンを訪れている文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、13日夜、中国の李克強首相と会談し、関係改善に向けて緊密に連携していくことを確認しました。
文在寅大統領は11日に習近平国家主席と会談したばかりで、
アメリカの高高度迎撃ミサイルシステム「THAAD」の韓国配備で悪化していた両国関係を早期に修復し、経済協力のさらなる強化に弾みがつくものと期待されています。
会談の中で、文大統領は、「THAAD」の韓国配備が決まった去年夏以降、中国が韓国企業に対してとっていた経済的報復措置について触れ、経済協力や人の交流が活性化されるよう李首相に協力を要請しました。
これに対して、李克強首相は、「敏感な問題を段階的に処理するための積極的な進展が始まっている。両国の未来は明るい」と述べ、関係改善に意欲を示しました。
また、両国は、核開発を続ける北韓への対応について、平和的解決が重要との認識で一致し、今後とも緊密に連携していくことを確認しました。
文大統領はこれに先立って11日、習近平国家主席と両国が関係改善に向けて取り組むことで合意して以来初めての首脳会談を行い、「THAAD」の韓国配備で悪化していた両国関係を早期に回復させ、あらゆる分野での交流・協力を正常な軌道に乗せることで合意しています。
文大統領は続いて、フィリピンのドゥテルテ大統領と初めての首脳会談を行い、韓半島の非核化と北韓問題の平和的な解決はアジアの和平と安定に欠かせないという認識で一致しました。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
RSS 配信
  • RSS 配信
  • RSSリーダーやRSS対応ブラウザを使うことで、最新ニュースの更新情報を素早くチェックできます。

<

3 / 4

>