元国家情報院長 朴政権への裏金上納疑惑で逮捕

入力 : 2017-11-14 13:32:59 修正 : 2017-11-14 14:06:51

元国家情報院長 朴政権への裏金上納疑惑で逮捕

朴槿恵(パク・クネ)前政権時代に情報機関・国家情報院が多額の裏金を朴大統領側に上納していた疑惑をめぐり、ソウル中央地方検察庁は14日、朴政権で駐日大使や国家情報院の院長を務めた李丙琪(イ・ビョンギ)氏を緊急逮捕しました。
検察は、情報機関の国家情報院が、使い道を明らかにする必要がない「特殊活動費」を大統領秘書官経由で毎月5000万ウォンから1億ウォンを朴前大統領に提供し、総額はおよそ40億ウォンに上るとみています。
検察関係者は「諸般の事情を総合的に踏まえ、緊急逮捕した。これから逮捕状を請求するかどうかなど決める」としています。
検察は前日に李丙琪氏を事情聴取していました。
日本駐在韓国大使だった李丙琪氏は2014年7月から2015年3月まで国家情報院長を務め、その後は朴前政権の大統領秘書室長に起用されました。
検察は、李丙琪氏の大統領秘書室長への起用に特殊活動費の上納が影響を与えたかを集中的に調べています。
検察は、特殊活動費を受け取って朴大統領に渡したとされる元大統領秘書室政務首席秘書官で文化体育観光部長官を務めた趙允旋(チョ・ユンソン)氏や同じく大統領秘書室政務首席秘書官だった玄伎煥(ヒョン・ギファン)氏を調べる方針です。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>