文在寅大統領 東アジアサミットに出席

入力 : 2017-11-15 09:47:57 修正 : 2017-11-15 09:47:57

文在寅大統領 東アジアサミットに出席

ASEAN=東南アジア諸国連合関連の首脳会議に出席するため、フィリピンを訪れている文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日、マニラで開かれた第12回東アジアサミット(EAS)に出席し、北韓問題の平和的解決に向けた国際社会の協力の強化を呼びかけました。
会議で文大統領は、まず北韓の核やミサイルの問題が世界規模の脅威となっているなか、北韓の挑発を抑止し、状況を安定的に管理することが重要だと述べました。
なかでも、あらゆる外交的手段を用いて、北韓を対話の席に着かせ、最終的には平和的な方法で完全な核の廃棄を達成しなければならないと強調しました。
また、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックに北韓が参加することで、真の平和オリンピックが実現されるよう、協力を呼びかけました。
これに対して、各国は平昌オリンピックの成功を祈念し、北韓の核問題の平和的な解決に向けて国際社会が引き続き連携していく必要があるということに共感を示しました。
さらに、文大統領は南シナ海の問題をめぐって、「平和と安定を増進するため、紛争の平和的解決が重要だ、中国とASEAN間の南シナ海に関する行動規範が早期に妥結されることを期待する」と述べました。
テロやサイバー安全保障の脅威など域内の懸案については、解決のための共同の努力が必要だとして、韓国政府の取り組みを紹介しました。
東アジアサミットは、アメリカ、ロシアなど域外国を含むアジア太平洋地域のプレミア戦略フォーラムです。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
ポッドキャスト
  • ポッドキャスト
  • KBS WORLD Radioの番組をMP3ファイルでダウンロードし、いつどこででも聴くことができます

<

4 / 4

>