来年度の国防予算7%増 北韓の核脅威受けて

入力 : 2017-12-06 13:57:55 修正 : 2017-12-06 14:21:09

来年度の国防予算7%増 北韓の核脅威受けて

来年度の国防予算は、北韓による核・ミサイルの脅威が高まっていることから、防衛力を大幅に強化するため、今年度に比べて7%増額され、9年ぶりに増加幅が最も大きくなりました。
国防部が6日、明らかにしたところによりますと、来年度の国防予算は43兆1581億ウォンで、今年度に比べて7%増加したということです。
こうした国防予算の大幅な増額は、北韓による核・ミサイルの脅威が危険な水準に達していることから、それに対応するための「3軸体系」を整えるなど、防衛力強化費として13兆5203億ウォンが計上され、今年度に比べて10.8%増額されました。
特に今回は、国防予算が国会の審議で378億ウォンも増えていますが、これは、2010年の北韓による延坪(ヨンピョン)島砲撃事件を受けて、2011年の国防予算が増額されて以来、初めてで、北韓を強くけん制する形となりました。
「3軸体系」は北韓にミサイル発射の兆しがあれば先に破壊する「キルチェーン」、発射されたミサイルを迎撃する「韓国型ミサイル防衛(KAMD)」、北韓が攻撃してきた場合に指導部などに報復攻撃を行う「大量反撃報復(KMPR)」の三つを指すもので、国防部は、2020年代前半までに構築する計画です。
一方、国防予算では、こうした防衛力強化の予算とともに、戦力運営費も兵士の給料引き上げなどの影響で今年度に比べて5.3%増加の29兆6378億ウォンとなりました。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
ポッドキャスト
  • ポッドキャスト
  • KBS WORLD Radioの番組をMP3ファイルでダウンロードし、いつどこででも聴くことができます

<

4 / 4

>