安倍首相 「非核化を前提にした対話を評価」

入力 : 2018-03-13 14:02:16 修正 : 2018-03-13 14:52:49

安倍首相 「非核化を前提にした対話を評価」

安倍晋三首相は13日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として北韓を訪れた徐薫(ソ・フン)国家情報院長と首相官邸で面会し、「非核化を前提にした北韓との対話を高く評価する」と述べました。
安倍首相はまた、「非核化に向けて北韓が具体的な行動を取ることが重要だ」と強調したうえで、韓日米3か国が連携し、北韓の核・ミサイル問題や拉致問題の解決に向けて全力を尽くす考えを示しました。
これに対し、徐院長は、「金正恩党委員長が直接、非核化の意思を表明したことは大変意味がある。平昌オリンピックを機に起こった韓半島平和の波が良い流れへとつながるためには、韓日間の協力が何より重要だというのが文大統領の思いだ」と述べました。
面会は、当初、15分間行われる予定でしたが、大幅に伸びて1時間近く続きました。
徐院長は、面会のあと、記者らに対し、「安倍首相は、最近の南北関係の進展、韓半島の非核化をめぐる変化の動きと関連し、文大統領のリーダーシップに敬意を表するとした。今後、南北首脳会談と米朝首脳会談が成果をあげられるよう、最大限協力すると表明した」と説明しました。
徐院長は、今月5~6日に北韓を訪問し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談しており、今月8~11日にアメリカを訪問し、トランプ大統領に金党委員長の会談要請を伝えています。そのあと、徐院長は12日に日本入りし、河野太郎外相とおよそ3時間にわたって会談、訪朝と訪米の結果を説明しました。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
KBS World Radio Mobile
  • KBS World Radio Mobile
  • 11の言語によるニュースや放送番組のコンテンツのほか、これまで別途提供していたサービス(ストリーミング放送、ポットキャスト、韓国語を学ぼう...

<

1 / 4

>