スーパームーンで海面上昇 浸水被害に注意

入力 : 2016-11-10 14:46:57 修正 : 2016-11-10 14:46:57

スーパームーンで海面上昇 浸水被害に注意

今月14日はスーパームーンですが、この日から2、3日間、海面が上昇し、浸水被害が出る恐れがあるという分析結果が出ました。
スーパームーンとは、地球の周りをだ円にまわっている月が、地球に一番近づき、さらに満月になる月のことを指します。
地球と月の距離が近くなるほど引力が大きくなるため、海の干満の差も大きくなります。
海洋水産部の国立海洋調査院が10日、明らかにしたところによりますと、スーパームーンになる14日、地球と月の距離は35万6536キロメートルまで縮まり、先月の満月のときよりおよそ1300キロメートルほど近くなるということです。
このため韓国南西部の海や済州島沖では、干満の差が先月に比べて最大で27センチほど大きくなる見通しだということです。
国立海洋調査院の関係者は、気象状況によって実際の海面水位が予測よりさらに高くなる可能性があるため、海沿いの地域では浸水被害に十分注意するよう呼びかけました。
一方、今回のスーパームーンは普段の月より直径が14%、面積が30%大きく見え、明るさは30%増すと予想されます。
今回のようなスーパームーンは、1948年以来、68年ぶりに現れるもので、今後28年間は起こらないとみられます。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
北韓インサイド
2016年スペシャル番組
その他
KBS World Radio Mobile
  • KBS World Radio Mobile
  • 11の言語によるニュースや放送番組のコンテンツのほか、これまで別途提供していたサービス(ストリーミング放送、ポットキャスト、韓国語を学ぼう...

<

1 / 4

>