中国からスモッグ PM10濃度「非常に悪い」状態に

入力 : 2017-01-03 09:18:39 修正 : 2017-01-03 09:18:39

中国からスモッグ PM10濃度「非常に悪い」状態に

中国から北西の風に乗って韓国にスモッグが流れ込み、2日の韓国は、大気中の微小粒子状物質のPM10の1日平均濃度が上昇して、大気汚染のレベルが「悪い」または「非常に悪い」状態となりました。
韓国では、PM10の濃度による大気汚染のレベルを4段階に分け、大気中のPM10の1日平均濃度が1立方メートルあたり30マイクログラムまでの場合は「良い」、31~80マイクログラムは「普通」、81~150マイクログラムは「悪い」、151マイクログラム以上は「非常に悪い」としています。
3日午後には、「普通」となる見通しですが、午前中はPM10の濃度が高くなると予想されるため、お年寄りや子ども、呼吸器疾患のある人は注意が必要です。
またソウルでは2日、ことし初めてのPM2.5=微量粒子状物質注意報が出されました。PM2.5はPM10より粒子が細かいため人への影響が大きく、ソウルでは、2日午後5時の時点で大気中のPM2.5の1時間平均濃度が1立方メートル107マイクログラムに達したため、注意報の発令となりました。
「PM2.5注意報」は、大気中のPM2.5の1時間の平均濃度が1立方メートル90マイクログラム以上の状態が2時間以上続いた場合に出されます。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
RSS 配信
  • RSS 配信
  • RSSリーダーやRSS対応ブラウザを使うことで、最新ニュースの更新情報を素早くチェックできます。

<

3 / 4

>