脳神経回路再現技術 韓国の研究グループが開発

入力 : 2017-02-14 10:53:21 修正 : 2017-02-14 10:53:21

脳神経回路再現技術 韓国の研究グループが開発

脳の複雑な神経回路を人工的に再現する技術が、韓国の研究グループによって初めて開発されました。
韓国科学技術研究院(KIST)脳科学研究所の研究グループは13日、細胞同士を貼りつけるタンパク質である「コラーゲン」を特定の方向に並べる技術を開発し、並べたコラーゲンに脳を構成する神経細胞を移植して3次元で培養するのに成功したと発表しました。
人間の体内の臓器や組織を構成する細胞は、特定の方向に並ぶことで構造的な特性を生み出し、生物学的な機能をします。
そのため、臓器や組織を人工的に作るためには、細胞の方向性を再現することが不可欠ですが、今回の研究でその方法が見つかったものです。
研究グループは、「多様な脳疾患や障害と神経回路の機能障害との関連性の解明に一歩近づいた」と期待感を示しています。
今回の研究結果は、1日付けのイギリスの科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に掲載され、21日には「ネイチャー・レビューズ・マテリアルズ」に紹介されることになっています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>