ジカウイルス抑制の天然物質 韓国の研究グループが発見

入力 : 2017-02-16 14:52:37 修正 : 2017-02-16 15:59:24

ジカウイルス抑制の天然物質 韓国の研究グループが発見

去年とおととし、ブラジルを中心に感染が広がったジカウイルスを抑制する天然物質が、韓国の研究グループによって初めて見つかりました。
見つけたのは、ソウル大学国際農業技術大学院の研究グループで、果物や野菜、ハーブなどに含まれている天然物質の「ミリセチン」が、ジカウイルスが宿主の細胞の中で生存するうえで必要な酵素の活性化を抑制することを初めて確認しました。
セロリやブロッコリー、パセリなどに含まれている「ルテオリン」と、緑茶に含まれている「カテキン類」も、この酵素の活性化をある程度抑制できるということも、初めて確認したということです。
研究グループの関係者は、「ジカウイルスを予防する食品用・医薬用素材を開発する道が開かれた」と期待を示しました。
今回の研究結果は、国際学術誌「バイオテクノロジー・レターズ」に掲載されました。
蚊が媒介する感染症ジカ熱は、妊娠中の女性が感染すると、頭が小さく脳の発育が悪くなるなどの小頭症の赤ちゃんが生まれる恐れが指摘されています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>